FC2ブログ
07.16
Tue
20190715203508ead.jpeg

TAGの笑顔、「社長から離れていかない」、ことが分かる一枚です。

従業員が離れていく理由は、間違いなく経営者の迷走にあります。
株式会社が成長していくには、優秀な人材が絶対に必要です。
国籍に関係なく、優秀な人材が会社には大切なのです。

外国人を日本政府の「移民」政策的に使用する会社に未来はないです。

無能な人材によってではなく、無能な経営者によって会社は潰れます。
経営理念には、優秀な人材を組織に引き止める効果があります。
経営者が感情的に変更すると、迷走し収拾がつかなくなるものです。

迷走をしないため、優秀な人材に自分の経営理念を描かせるのです。

多くの中小企業は、優秀な人材の離職防止に給与を上げようとします。
優秀な人材が重視するのは、給与などの物質的報酬ではありません。
尊敬できる人の存在や、「自分の仕事が社会の役にたっている」という

仕事をしなければ、決して得られない精神的報酬です。

創業の理念は不変でも、経営理念は優秀な人材が変えられる精神的報酬です。
経営者の仕事は精神的報酬を与えて、社員のモチベーションを上げることです。
社長の心構え1つで、お金をかけずに、優秀な人材を確保することができます。

ビジネスは「ヒトモノカネ」、社長が自分の経営理念を描くことが迷わないことです。


社長


back-to-top