FC2ブログ
08.20
Tue
20190710054614c52.jpeg

安田調理師は、元気に楽しそうに肉と戯れています。

暑中見舞いは「暑さのピーク」を見舞うものです。
暦にならえば夏の土用の時期に出すものです。が、
最近では「実際の気候」に合わせて、

梅雨明け~立秋前日(土用の終わり)にです。

1年で最も暑い時期に出すので、夏本番を意識した内容がよいです。
「本格的な暑さ」、「猛暑が続く」、「暑さ厳しき折」など、
暑中見舞いは「なかなか終わらない暑さ」を見舞うものです。

残暑見舞いは、「立秋」を過ぎ、暦の上で秋を迎えても

実際は暑さが続いている時期に出すものです。
「立秋とは名ばかりの暑さ」、
「暦の上では秋とはいえ、厳しい暑さが続いておりますが」

まだまだ暑いのニュアンスがよいです。

8月末以降など、暑さが引いてきた頃には
「朝夕には吹く風に秋の気配が感じられる頃となりました」、
気候に合わせた内容にするとよいでしょう。

暑いと言えばムンバイ!、暑い上に渋滞は世界一。

人の住む世界一寒い場所は、ロシア・シベリアのオイミャコン村-71.2度(ギネス)。
本日!のカナダ・イエローナイフは最高気温11度、最低気温6度。
オーロラ報告は、帰国後行います。

安田の笑みに騙されないように、指相撲「惨敗記録」更新中の社長です。


社長


back-to-top