FC2ブログ
10.11
Thu
201809300208505c0.jpeg

TAGでは、明治大学元講師による廣澤顧問の勉強会を始めます。

先生は、富士通出身。富士通とみずほフィナンシャルグループ(FG)。
みずほは、3行の縄張り意識で、過去2回類のない大システム障害です。
2002年と2011年の2回、金融庁から業務改善命令が出ています。

メインとなる銀行のシステムに合わせるのが「片寄せ」。

東京三菱銀行はIBM。富士通は東京銀行が合併して破れた。
三井住友銀行はNEC。富士通はさくら銀行を合併で失った。
UFJ銀行は日立でした。富士通はないのです。

みずほFGは、2000年、「3行対等な精神による合併」

第一勧銀が富士通、富士銀が日本IBM、興銀が日立製作所だった。
「富士銀のIBM」のシステムへの片寄せが有力視されていた。
みずほを失うと4大バンクグループを全て失う富士通。

全世界のシステム投資の「30%」が金融機関によるものです。

富士通秋草直之社長が先頭に立ち猛烈な営業攻勢をかけた。結果
みずほBKの勘定系は第一勧銀の富士通、営業店端末は富士銀のIBM、
みずほCBは興銀の日立製。3つの縄張りの、3つのシステムが残った。

TAGの勉強会は、先生と打合せ中です。先生の特許は完成寸前。

勉強会は食事をしながらの研究会、TAG社長の仲間ならば歓迎です。
看護師さん、医療職なので医療しか知らないは大歓迎です。
食事会に、チコちゃんに叱られないような話題が加わる感で始めます。

懇親、先生が講義、皆で研究、皆で特許の共同研究者に名を連ねる。


社長


back-to-top