FC2ブログ
12.15
Mon
TAGでは、安彦ジェネラルマネージャーが選び、社長は判断を下すが日常です。


社長の性格からして、選ぶこと自体が面倒という面もかなり大きいです。

写真は、行きつけの日本料理屋さんに花一輪を持参した時のものです。

花卉専門農家ではないので、花の気持ちの分かる店員さんが親切なことも助かります。


経営と執行に関係ないものは秘書が厳選し、社長が決定するシステムは変えません。




代表取締役社長 












本来でしたら、このお花屋さんから、女将さんに手渡す手前まで、
秘書である私がお花を持って歩くところですが、
こちらのお店、なかなか世知辛い新宿にございますことから、
「ちょいとすいません、社長、お花持って歩いてみてくださいましな」
と、実験お願い。

すると、どうでしょう。
肩がぶつかっても謝りもしないような人の群れが多い新宿ですが、
必ずお花を避けて人が歩いてくれます。

また、1りんのお花を男性が持って歩いていると、
すれ違う女性達の固まっていた氣が、
ふっと、ほころんで、何か柔らかであたたかい、ほっこりした表情になっていました。

あの人はあのお花をこれからどこへ持っていくのかしら?
などなど、何か世知辛い現実から一瞬でも、
素敵な想像の世界へ入れるような表情でした。

本当に、ちょっとしたことで、
小さな幸せ作りができますね^_^

社長、実験ご協力ありがとうございました(笑)!

安彦

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top