FC2ブログ
06.23
Sat
20180621143418498.jpeg

TAGのIT部門「顧問」の廣澤先生が来社されました。

先生は、今春まで長く「大学講師」の職にありました。
社長は先生のお陰で、明治大学の和泉キャンパスと
駿河台キャンパスの教壇に、立つことが出来ました。

教えると言うことは、自分への猛勉強です。

モノを覚えるには、人に教えるのが一番です。
NETで調べ、書物で調べ、現地で調べて文字で残す。
先生の教えを頂きながら、論文にする毎日でした。

先生持参の「脳トレ」で、ビジネスを考える社長です。

夕方からの消防後援会総会、後の歓送迎会でのこと。
経験の少ない者が、社長の隣席のゲストに赤ワインを注ぐ
社長のズボンに、赤ワインを1滴こぼす。

社長、大人の対応。誰にも気づかれない。

新人が去った後に、そっとハンカチで拭く。
そのしぐさで中間管理職の方が、1つの仕事をした。
常に社長を注視している、社長秘書の対応のようでした。

彼女は、脳トレも2次面接も不要だろう。


社長


back-to-top