FC2ブログ
06.07
Thu
20180529015934f38.jpeg

TAG社長、「いしかわ鍼灸院」で施術後コーヒーをご馳走になります。

自分の身体の「メンテナンス」のための鍼は、良いのです。と
保険会社に言われてから、真面目に週一通っています。
週一と言えば、お能の稽古も週一での謡曲と仕舞です。

昔々のブログで「1週間」について書きました。

ビジネスの単位として、1時間、1日、1週間、そして1月。
1分も、1年もビジネスには短すぎ、また長すぎる単位だと思います。
そんな中で1番人間臭い単位が、1週間だと思います。

1週間を制する者が、真のビジネスマンだと思います。

なので、週に1回の何かは大切だと考えます。
毎週火曜日執務後18時からの能、木曜日19時からの鍼。
それを毎回外さないならば、休日がない社長業も務まります。

毎日何が起こるか分からない、不動産管理業にも対応できます。

今回も新築の指名は、管理業務はNG、サブリースはNGです。
指定は複数、指名は1業者。契約は複数、指名以外は契約解除です。
解除は、東京駅にある顧問の事務所に行き対応を一任します。

新築の指名業者は、6割決まっています。



20180606222406f0d.jpeg

9日までギリギリ、大竹建窓の橋本統括部長再度の週一の来訪。

ここの専務はグランルージュ小金井の建設を担当、週一どころか
例え1日でも、結果を持ってきます。梅雨入り前の足場架け。
最近は月曜日に仙台、火曜日に東京を「車で」とんぼ返りの週一。

フランス大使館でも、大汗をかいています。

スペイン企業に、再三メガソーラーの共同事業を泣きつかれており。
見た目、とても幸せそうです。名前は週一ではなく、幸一です。
定期点検を頼んだ翌日には、足場を架けた工事の見積もりです。

業者には一長一短が、あって当然です。

新築の指名業者は、必ず「代表者」を社長室に招き発令します。
TAGの創業の理念から、代理は認めていません。
責任者が来社なき場合は失格となり、二番手に指名発令します。

タッグを組めるか、組めないかです。

グランルージュ小金井の新築時に、指名書を交付した相手は
建築は社長、金融は支店長、仲介は社長でした。
何れも、契約書の当事者です。

新築の建築指名発令は9日、苦です。コーヒーは苦い味もします。


社長


back-to-top