FC2ブログ
05.28
Mon
20180506232921fc1.jpeg

住宅展示場に行くと、IHが多くなったと感じます。

東京ガスに聞くと、「ガスコンロです。」
東京電力に聞くと、「IHクッキングヒーターです。」
TAGの基準は、ガス3口です。

基準は、社長が決めることではありません。

利益に直接関係ないことは、社長は決めません。
収支予定とか融資とか賃料設定などが、社長が決めることです。
建物のレイアウトとか材質とか色とか外構などは、決めません。

新築の指名3者、建築と金融と仲介は社長が決めることです。

建築と金融は、各二者まで絞り終えたので30日に指名発令します。
専務が多忙、かつ1億円規模では営業に来ないので決まらないのです。
何かと「Busy」で、「Flexible response」が失われている典型です。

グランルージュ小金井のお披露目時に、新築が続くと言ったのに。

新築は儲かるは、田久保工務店とJAとアイアールにはなかったです。
仲介は基準に達せずで、指名委員会の専権になります。
社長が決めることを、専門家に委ねるというお互いの頑張り不足です。

30日のエントリーと8月27日の発令は、社長が行います。

TAGは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを目指します。
申請が6月、竣工が来春1月と言う言葉に惹かれます。
6月は新ジャガの収穫、新しいチャレンジには良いです。

この新築の為にあったのか!と判断しました。
今!建築中の建物には、この考えがないということです。
出来るハウスメーカーと、厳しいハウスメーカーの存在です。

最近は、原子力は肩身が狭いです。太陽光を見かけます。

今週は、契約週間です。
賃貸借契約、委託契約、請負契約、売買契約、覚書締結。
金曜日は6月に入り最初の契約、ゴールドマンサックスさんです。

土曜日は、営業と受付の連携がNGの新宿ショールームです。

その時の社長の言葉、「予約が入ってないなら帰ろう。別に
積水でなくてもいい。建築するところは、他にいくらでもある。」
今でも、そう考えています。担当の今井課長は熱心なんだけど

会社が、この仕事を欲しがっているとは到底思えないからです。


社長


back-to-top