FC2ブログ
05.06
Sun
201805051652207e0.jpeg

ゴールデンウイーク中も熱心に、新築物件を視察のTAG社長です。

TAGの契約は、納得してのサイン、その後は契約書のとおりです。
ゴールドマンサックスさんとの契約は、1年がかりでのすり合わせです。
取得リスクと保有リスクが、基準内になってからの契約です。

契約は自由!商いも自由。ビジネスは利益です。

資本と時間をかけ、複数他社との比較と、ヒトモノカネの精査をします。
日本式は「とりあえず」契約しましょう。あとは契約してから考えましょう。
契約書を締結してから当初の話と違うとなるのが、日本の悪しき日常です。

近い将来、日本の契約も国際規格になり外資並みになる事を願う社長です。


社長


back-to-top