FC2ブログ
02.22
Fri
201902121717465ce.jpeg

空室紹介、よろしくお願いします。

即可:「メ1B(9.2)」
内見可:3棟2/28入居可:「ヒ101(8.9)」、「ヒ202(9.0)」、「香201(9.2)」
退予:3/19「2-2B(9.5)」、3/30「1-107(7.0)」

DIY:「東東6.0)」、「西西9.0」

TAGの創業の理念は「タッグを組もうよ!」。
経営理念は「苦しい時に助けてくれる友達が真の友。」
指定業者制をこれからも「情熱」をもって維持していきます。

「バラ熱(Rose cold または Rose fever)」は、1565年の最古の花粉症です。

日本では国民の約30%が花粉症で、1960年代にブタクサ、カモガヤ、スギが報告です。
建築用木材のためにスギ・ヒノキの大量植樹、排気ガスの大気汚染、浮遊物質が原因。
世界の3大花粉症は、ヨーロッパのイネ科、アメリカのブタクサ、日本のスギです。

日本ではマスクの入手は容易。欧米ではマスクをする習慣がない。

シーズン中に1週間の旅行は、抗アレルギー薬は、服用を欠かさないほうがよい。
国によって使用が許可されている薬、禁止されている薬は違います。
違法の場合、税関で没収、勾留、逮捕、強制送還があります。

違いという意味では、不動産管理に似ています。

新築時には同じものが、住む人や不動産の経年で同じものはなくなります。
不動産管理は、全く違ったものになっていきます。違いを知ることは大切です。
昨日、廣澤顧問が社長室に来社され、学生?10人の意見をまとめたところ

次回2月28日18時のビジネススクールは、「日米欧の違い」を講義して頂きます。

例)日本、TAG社長室勤務、小磯さんは近いから交通費0円、給与30万円。
橋本さんは遠いので交通費3万円、給与30万円、合計33万円。これが普通です。
これは日本の常識であって欧米だと、小磯さんは会社を訴えます。

「遠いのは本人の勝手だ。」、「ビジネスには関係ない。」、会社は負けます。

大学の講義「90分」を「60分」にまとめて頂きます。ネットで分かるならば大学は不要です。
ネットのウソ、終身雇用は古くからではないし、労働組合が会社単位なのは日本だけです。
管理職、幹部、役員は、ヒトを使わなければならず、ヒトとは違いそのものなのです。

TAG社長の兄弟の次期社長には、是非とも参加して貰いたいと考えた講座です。


社長


02.11
Mon
20190210173612b82.jpeg

大雪は四駆2台をフル活動しても、「不動産管理」の限界を遥かに超えています。

幸い本年2回は大雪にはならずでしたが、お客様に気をつけて頂きたいことがあります。
玄関前に雪が積もって、外に出れなくなる恐れがあります。雪による閉じ込めです。
大雪で外出予定の方は、玄関ドアが開く程度には、雪かきをお願いします。

数年前の大雪のときに、協力いただけなかった方が、来月退出です。

TAGは当日は雪もやんだこともあり朝8時から雪かきを開始し11時半に終了。
正午に三鷹の不動産屋さんを通じて「雪かきやってない」の電話ありです。
業者さんはそこから現場が見えるもわけなく、お客様も窓から見えるは一面の雪。

TAGの管理物件は社長直轄なので、他の管理会社はやらなくともやります。

指定不動産業者の説明が不足していた、最後の方だと思います。
不動産会社のお客様への説明不足も、TAGの業者への指導不足です。
業者さんに立会いをお願いしていますが、公正・公平・公開な説明が必要です。

流しにものを落としてしまったは、正直に言う方が多いのですが。

お金のことを優先する方も、この業者さんのお客さんには多いです。
この業者さんはお客さんの声を、親身になって聞いている証拠です。
台風の不可抗力の免責は、契約書に明記があるのでお客様に説明してください。

ゴミ箱は入居して直ぐは、分別でトラブルになります。

ゴミの分別は、自治体のルールに従わないと持って行ってくれません。
ゴミ箱の管理費用はオーナーからですが、住民さんの協力が大です。
指定不動産業者は、お客様へのゴミカレンダーの交付を徹底してください。

更新はタッグの精神から、管理会社ですが手数料を取ることはしません。

TAG設立前、お客様からは5回にわたり更新料を騙し取り、オーナーには何もしない
手数料を不当に稼いでいたABCホームという悪徳不動産屋が西東京市にいました。
阿佐ヶ谷のアイキホームで契約、直ぐに当時の田無市に移り商号変更の会社です。

お客様が東京都と警察に相談に行かれたのですが、事件になりませんでした。

お客様には、1円も戻らず、オーナーには更新した契約書も更新料も入らずでした。
更新で2度とお客様に不愉快な思いをさせない為に、TAGを管理会社として設立です。
当時の警察からの電話は「業者に更新を頼んだか?」だけでした。

TAG社長が頼んでいないのに、更新をした業者は指定取消もあります。


社長


02.10
Sun
20190210025818ac8.jpeg

TAGでは、空室解消の為、日々努力を重ねています。

20190210025730fff.jpeg

その一つに、ニーズに合ったリノベーションがあります。

20190210025759129.jpeg

更新時までは利益が、出なくてよいという戦術です。

20190210025721ee9.jpeg

契約によっては、2年以内の解約には違約金が発生します。

20190210025738861.jpeg

現在行われているリノベーションです。

20190210025921ebf.jpeg

オーナー様も頑張っています。

20190210025749dfc.jpeg

新規契約が全くない業者は、指定を取り消しています。

お客様からと指定不動産業者さんから要望のあるものは全て取り入れています。
本物件は、畳からアールフローリングへ、エアコン2基新品に取り換え、屋内洗濯機、
便座新品に交換、ウオシュレット取付、ユニットバス工事、間仕切りの追加、

流し新品に入れ替え、シングルレバーへ、洗面台新品に入れ替え、シングルレバーへ、
換気扇交換、ペンキ工事、襖からクローゼットへ、襖からドアへ、天井全面塗装、
カメラ付きインターフォン、スイッチ交換、カーテンテール交換などです。

空室情報は、指定業者様のみ有効です。


社長


01.27
Sun
20190126010612c79.jpeg

日本の人口は減少しており、世帯数も2020年をピークに減少に転じます。

空家率は、2033年には「30パーセント」に達するとの予測です。
新築をみると、年に「100万戸」ペースで増えています。
世帯数が減り・新築が増えれば、空家が増え続けるのは当たり前です。

新築計画は、原則中止します。

根本から見直す必要があると判断、顧問の先生と話し合いました。
新築ではなく、足元を固める戦術に変更します。
空室紹介してくれる指定業者さんは、従来以上に大切にします。

空室はあと2室です。よろしくお願いします。

リフォーム、リノベーション、修繕工事は前倒しで行っていきます。
既に中央地区の軒天工事は終了し、北東地区の防水工事に入ります。
ロビー・宅配ロッカー設置工事はパース図の検討に入っています。

都心は不動産の価値が上がり、地方の価格は下がっています。

都心は家賃も上がり、その他は下がっていく感じです。
地方の不動産は値下がり確実で、値段を下げても売れないかもです。
今でも見え隠れしている、二極化が完全に進むのです。

大都市圏では、住宅地の基準地価が2年連続で上昇。(国土交通省)

日本では、実際の賃金が上がったと実感する人は少ないはずです。
株価が2万円台に乗るなど、経済指標は好転した感もあります。
株価が上がったことで、富裕層の資金力はますます強固になっています。

富裕層は利回りのよい投資対象を探して、さらに資産を増やそうと考えます。

日本の銀行の投資信託は、研修を受けただけの素人のFPによって
過去10年間の間に損をさせられています。高すぎる手数料の為です。
自分で資産運用をしたこともないし、顧客の資産を増やしたこともない素人。

資産を増やすには、決して日本の銀行の口車に乗ってはならないのです。

都心のマンション投資は精査が必要です。裏で銀行が糸を引いているからです。
金と株と先物取引は投機、信用できない銀行が陰にいると肝に銘じることです。
と、言ってもアパートを新築するのは大金が必要になります。

10年後の計画ではなく、30年後を見据えた戦略が必要です。


社長


01.26
Sat
201901150223321e1.jpeg

不動産管理、1月と2月は「凍結防止」と、「空室紹介」のお願いです。

給湯器の凍結防止の為に、内見時に「ブレーカーを下げない」でください。
空室紹介は、倉崎さんが帝王横山さんを1歩リードしています。
例年だとここで、中尾さんが2人を追い込み追い抜くパターンです。

今期は不動産仲介の指定業者も、「実績」で見直します。

月末は、通帳記帳、家賃台帳作成、督促を行います。
督促は今年からは、一部、弁護士が行います。
毎日、業務日誌と領収書の突合を行い、毎月、監査があります。

1月のカレーの会は、31日です。

1月2月は繁忙期の不動産仲介業者には、声をかけません。
指名停止中は、声をかけません。1年声かけなしは、指名取り消しです。
元明治・法政大学講師 廣澤顧問の勉強会は、2月からを予定しています。

暖かくなる3月からは、農業企画が始まります。

スタートは、3月17日(日)のジャガイモの定植です。
5月5日(日)夏野菜の定植。7月上旬から8月下旬までが収穫。
8月4日(日)除草、9月22日(日)栗の収穫、12月22日(日)落ち葉掃き。

石川さん・橋本さん子供会社6896、よろしくお願いします。


社長


back-to-top