FC2ブログ
09.23
Sun
201809200012223b7.jpeg

本日 2018/09/23 は秋分の日です。

秋の日は釣瓶落とし。秋は黄昏時がない。急に暗くなる。
日の出は、5:29  日の入りは、17:37
栗拾いは、日没の5時半までが良いです。

日没で終えれば、帰りの路はまだ明るいのです。

光を求めることは、プライベートもビジネスも道です。
闇は慣れます。暗くとも、栗が見えてきます。
人間は、たとえ暗くても食べ物は分かるからだと思います。

暗くて栗は見えても、夜行性のモグラの穴は見えず。

痛い思いをしました。モグラの穴は、意外と深いのです。
社長には、労災は適用されない。社長は労働者ではない。
栗の応援は橋本さんとニルマルさんです。佐藤さんは。

ジャガイモは、春分の日までに定植します。


社長


09.22
Sat
20180920201259c8c.jpeg

19日水曜日の午後は、アイアールの小磯さんが栗拾いのお手伝い。感謝。

金髪カットの今、「いつ、金髪に戻すんだ」の声もとても多いこの頃。
消費税も軽減税率を導入せずに、単一税率に戻せと言う声も多いです。
軽減税率は、低所得者の負担の軽減の名目で政策導入されました。

実際には、高所得者ほど軽減税率の恩恵をより大きく受けます。

2015年当時は、日本では公明党が唯一の軽減税率推進政党でした。
軽減税率が適用される飲食料品は、食品表示法に規定する食品です。
オロナミンCは食料品なので8%、リポビタンDは医薬部外品なので10%。

外食は10%、テイクアウトは8%。映画館での消費税率は複雑です。

売店の椅子テーブルで食べれば10%、映画を見ながらだと8%、
座席にメニューがあり館内に運んでもらうと10%です。
学校給食や老人ホームは、生活の場であり外食ではないので8%です。

昨日は金曜日、ナナヨーオートの佐藤さんは。


社長


09.21
Fri
20180920205527edf.jpeg

19日水曜日午前中の栗のお手伝い、いしかわ鍼灸院の石川さん。感謝。

軽減税率は菅官房長官と創価学会幹部の裏会合で選挙直前に決定した。
公明党との選挙協力には、軽減税率に合意する以外になしと自民党は判断。
多くの経済学者は、低所得者対策には給付方式が有効だと主張しています。

財務省は軽減税率による税収減を、経済界は事務処理の負担増を懸念。

大手紙の世論調査で、自民党と公明党は軽減税率制度の導入を決めた。
新聞へは軽減税率が適用されます。新聞社と政権の迎合です。
反面、政権が新聞に見返りを要求するのは当然です。

その事態を招いたのは、新聞社側です。

新聞はジャーナリズムよりも、給料を選んだと言えます。
政党の支持母体が発行の新聞も、消費税が上がれば客離れが必至。
石川さん小磯さんのお陰様で、栗の非常事態宣言は解除です。

昨日はAMGの佐藤さんが来社、今日も七洋商会の佐藤さんは来ないでしょう。


社長


09.20
Thu
20180920002619b9d.jpeg

栗の収穫は、一粒一粒です。イガの中にクリがあります。

栗は毬の中にあり、慣れないと最初は、トゲに戸惑います。
昨日のブログどおり、午前中は石川鍼灸師さん応援感謝。
午後はアイアールの小磯さんの応援感謝。助かりました。

イガは片付いていませんが、クリは一通り終わりました。

日曜日は大竹の橋本さん、火曜日は髙橋1級建築士さん、
29日に田村さんから、応援したいとの連絡がありました。
金曜日は、ナナヨーオートの佐藤さん。

2年前の、2016年5月11日のブログ。

A friend in need is afriend indeed.
「困ったときに助けてくれる友こそ本当の友」
この日が20歳の誕生日だった、彼女の好きな言葉です。

最近の若者は、しっかりしている。粒よりだと感心したものです。


社長


09.19
Wed
201809172320473ca.jpeg

収穫2日目の18日、TAG社長は、「非常事態宣言」を発令です。

初日17日30Kg、昨日18日80Kg、本日19日は150Kg超が予想されます。
栗は1粒1粒の収穫の為、1時間10Kgが限度です。
栗は1粒1粒、スクワットしながらの収穫です。

本日は水曜日、石川さんと小磯さんが応援に来ると思われます。

収穫は日没まで。
それほど昔ではない時代、今の季節、今の時期、栗の収穫は早朝と夕方の1日2回でした。
夕方から法人設立の打ち合わせがあり、夕方の栗の収穫が出来ませんでした。

皆若かった!打ち合わせは徹夜になりました。

早朝、帰宅すると先程まで徹夜で打ち合わせをしていた彼女に手伝ってくれと頼んだ。
来てくれた!
これが、TAGの創業の原点となり、後に彼女はジェネラルマネージャーとなった。

時は経ち、今、それと全く同じ状態の栗畑。


社長


back-to-top