FC2ブログ
06.08
Sat
201906060315400ae.jpeg

高橋勲一級建築士が待ちに待った「サトイモ」が発芽しました。

新ジャガの「収穫」時期に入ったと言えます。試し掘りをします。
農作業で一番大切なことは、「収穫」することです。
農業で一番大切なことは「販売」して、利益を確定させることです。

利益確定して、はじめて「利益」になります。

農産物の利益確定には、需要供給、気候変動が大きく影響します。
社長妻はオランダで、トマトの農業工場を視察し昨日帰国しました。
オランダは巨大工場で、トマトを大量生産し輸出しているのです。

オランダはドイツやイギリスなど、成熟した巨大消費地がすぐ近くです。

日本は自身が、世界最大規模の成熟した消費地です。
近年、新しい技術を学んで増収を果たしている農家が増えているものの、
加工用を中心にまだまだ多くの、トマトを輸入しているのが現状です。

食糧自給率39%、輸入61%の食糧安保問題を日本は抱えています。

江戸時代は、9割が百姓でした。
平成30年農水省統計で農業者人口は、15歳以上65歳未満55万人です。
全部でも175万人、日本の総人口1.3億人の1.3%に過ぎません。

農業は儲からないからです。食糧安保上最悪です。

利益確定の難しいのは、メンタル部分が大きく関わるからです。
「早く利益を確保したい」、「損したくない」、「もっと儲けたい」の心理。
ヒトは「もっと儲けたい」、株式会社は「利益を追求する」。

「あの時売ればよかった」、「あの時買えがよかった」の後悔。

後悔には、諦めが肝心です。諦めが出来なければ社長は無理です。
株は目標があり、達成したら売却する自分ルールを最初に作れます。
社長判断がぶれないためにも、「指値売りと逆指値」を使用します。

売りのタイミングを逃さないことを、最優先します。

投資家が一番不安なことは「損をしたくない」という心理です。
感情のコントロールは、難しいので、エントリーと同時に損切りです。
「リスク」を回避しつつ、「利益」を確保してしまいます。

木曜クラブでは、システィマティックを学びます。

学問を学び、感情が邪魔してくることもなくなります。
廣澤先生は語った、「日本人は大義に弱い。」
損失は金額ではなく、どこまで損失を許容できるかが重要です。

石川さんは出来るだけ小さい損失で、損切りするようにしましょう。


2019060603153242c.jpeg

サトイモに話を戻します。サトイモは「水芋」と言われています。

沢山の水が必要です。
水芋には、水やりです。収穫するまで、水やりが続きます。
Isaoデザインの高橋さんが、毎日水やりに来るそうです。

昨日、6月7日は「梅雨入り」でした。


社長


06.06
Thu
20190606031430829.jpeg

TAG農業企画の速報です。
まことちゃんと石川さんが「たねまき」に来訪です。


20190606031443304.jpeg

マルチに穴を開け「点蒔き」、ニンジンとラディシュは「スジ蒔き」、
まことちゃんは楽しそうに「バラ蒔き」をしてました。


20190606031521a9f.jpeg

まことちゃんに播種を任せ、社長はトマトのお手入れをしていました。
まことちゃんのご褒美は、収穫したキュウリをお土産にです。


まことちゃんに、お約束。次は「ももちゃん」と一緒の流しソーメンです。

新ジャガの収穫はやりましょう。トマトとナスも出来次第です。
梅雨の合間の天気次第で、前もっての予定は立たない
過日の流しソーメンは、大竹船長が一番ゆったり過ごせたようです。

梅雨の前、梅雨入り後、そして梅雨明け後で、全く違う農業企画。


社長


06.04
Tue
20190603104752e8e.jpeg

振り向くとクリ(栗)の木に花が咲いていて、白いではないですか。

夏野菜を見に行って、緑色のキュウリの収穫に行ったところ
初日が4本、2日目が3本。そのまま食べるのですが、トゲトゲが堪らないです。
ポツッと雨が落ちてきました。雨が降り出したので、引き上げです。

振り向くと、白いクリの花が見えたのです。

クリの木に近づくと、蜂がブンブンいってます。
クリは「雌雄異花」、同じ花の中にオシベとメシベがあります。
クリは昭和20年代に、戦前に中国から持ち込まれたクリタマバチにより、

日本全土に存在した、100種を超える品種の大半が消滅です。

畑のクリは、大粒の和栗と天津甘栗を掛け合わせた栗です。
多くのヒトは、自分の力は大粒だと勘違いする。
ヒトには得意、不得意があるのです。1人1人は小粒です。

TAGは得意分野、専門分野のプロフェッショナルの集まりです。

「法務、税務、監査」三顧問は重要で、お世話になっています。
参与さん指定業者さんにも、お世話になっています。
明日のブログは、北原、星野、土器屋さんとの梅雨入りの分析です。

クリは、9月中旬から収穫です。


社長


06.02
Sun
2019060207092869a.jpeg

6月と言うと「キュウリ」の収穫です。

自由栽培、何も手を加えず、少し「這いずり」にしてから、
クリップでバーに留めたり、キュウリネットを使ったりします。
キュウリの品種はタキイの「夏すずみ ナツスズミ」です。

タキイのホームページから

秀品率が高く、作りやすい耐病性夏秋キュウリ!

特長
べと病・うどんこ病に強い耐病性。夏秋キュウリのロングセラー品種。
果色は濃緑でテリがあり、平均果長は21~22cmでクズ果の発生が少なく、秀品率が高い。
高温乾燥の続く盛夏期でも栽培が安定し、収穫量の波が少ない。
主枝雌花率は4~5月播種で50~60%、各節1果成りが主体。

栽培の要点
本葉3枚程度の若苗を定植し、スムーズな活着に努め、初期生育を安定させる。
下位7節までの側枝と雌花は早めに除去する。
生育中期以降は過繁茂にならないよう、整枝・摘葉を適宜行う。
追肥と潅水は収穫開始ごろから始め、以降、遅れないよう定期的に行う。

6月から7月の中旬までが旬です。

トゲトゲが好きな人に、向いているキュウリです。
トゲトゲが嫌いな人は、トゲを取って食べればいいだけです。
TAG社長は、穫りたてをそのまま食べるのが好きです。

味噌をつけて食べるのが、一番おいしいです。


社長


05.24
Fri
20190505124733685.jpeg

芝刈り直後は茶色い芝も、数日が経過すると青々としてきます。

小金井カントリクラブの「グリーン整備」担当の彼から一昔前に教示あり。
高麗芝の芝刈りは、4月から9月までは、月2の芝刈りをしていました。
10月から3月までは、なし。彼、「芝刈りは、毎日やりましょう。」何故??

ガソリン式の自走式芝刈り機で、「まず周回を2周ぐるぐる回る」、何故?

「南北往復し、東西、右斜め、左斜めと8方向カットするよ」、何故?
最後に「周回を2周ぐるぐる回るよ」、何故?何故??
最後の最後にバッテリー式の仮払機で、「周囲の刈り残しを刈る」は理解。

質問は大切、特に仕事では。自分が分かる、相手も自分を分かる。

毎日やると確かに「グリーン」のようになります。
彼は「パッティンググリーン」と言う。芝の長さは、3㎜~4.5㎜にカット。
ゴルフやらない。60分間、大きな機械を押し歩き。やれば適度な運動です。

隣の芝生は青いのに。社長は曜日も、時間の感覚もなくなります。



20190524031707ab4.jpeg

昨日の木曜クラブ、廣澤先生の講義は等分から始まりました。


20190524031553cea.jpeg

三角関数、エクセルと統計まで。来週は対数関数と微分です。


20190524031616341.jpeg

参加者は(敬称略)私、勲、石川、ニルマル、山崎、広瀬、橋本、青木。


20190524031624451.jpeg

2部は、サラダ、ナポリタン。カレーは豆、ホウレンソウ、バターチキン。


20190524042053ec0.jpeg

広瀬さんからどらやき。芝生を青くするには、チッソリン酸カリが必要です。


社長
back-to-top