FC2ブログ
09.25
Tue
20180920021758b06.jpeg

栗の実は9月末に収穫ですが、花は本来5月末に咲きます。

栗は1つの木に雌花と雄花があり、花の形も異っています。
白く垂れ下がっているのが雄花で、栗の元になる雌花は1、2個です。
1941年に岡山県で初めて確認され全国に拡大した、クリタマバチが栗の天敵です。

クリタマバチは雌だけで繁殖します。雄の成虫は平成も30年でも未発見です。


利平栗
栗の王様と呼ばれる美味しさと、生産の難しさを併せもつ幻の和栗です。
1940年岐阜県大桑村で、大粒和栗と天津甘栗の掛け合わせの試行錯誤から誕生。
太平洋戦争で枯死、奇跡的に1本だけが残り、原木となって全国に広まりました。
利平栗は、僅かとは言え流通しています。


献上関野栗
徳川8代吉宗公の時代から、小金井は将軍家に栗の献上をしていました。
天下一品の美味しさと大きさで知られた栗は、新田名から関野栗と呼ばれました。
栗の天敵クリタマバチに弱く全滅した、と世間からみられていました。
関野栗が、市販されることはありません。


社長


09.24
Mon
201809240046590e4.jpeg

23日(日)の栗拾いの応援は、大竹専務と橋本統括部長さんのご家族とニルマルさんファミリー。

TAGの原点は、栗の収穫のお手伝いをお願いした時です。
朝夕収穫しても1人では間に合わず、お手伝いのお願いから、一気に法人設立となりました。
お楽しみのランチはネパールカレー、夕食はBBQが農業企画の定番となっていきました。

今年のピークは19日(水)でした。社長ブログのSOSに水曜日休みの

石川鍼灸師さん、アイアールの小磯さんが応えてくれました。
「困ったときに助けてくれる友こそ本当の友」
2016年5月11日、二十歳の誕生日を迎えた彼女への社長ブログ

A friend in need is afriend indeed.

明日は、1級建築士の高橋勲さんが応援に来てくれます。
週末は田村さんがお手伝い、ナナヨーオートの佐藤さんは。
初収穫から1週間が経過し、栗の収穫から毬の整理に移っています。

タッグを試される期間は、短いです。


社長

09.23
Sun
201809200012223b7.jpeg

本日 2018/09/23 は秋分の日です。

秋の日は釣瓶落とし。秋は黄昏時がない。急に暗くなる。
日の出は、5:29  日の入りは、17:37
栗拾いは、日没の5時半までが良いです。

日没で終えれば、帰りの路はまだ明るいのです。

光を求めることは、プライベートもビジネスも道です。
闇は慣れます。暗くとも、栗が見えてきます。
人間は、たとえ暗くても食べ物は分かるからだと思います。

暗くて栗は見えても、夜行性のモグラの穴は見えず。

痛い思いをしました。モグラの穴は、意外と深いのです。
社長には、労災は適用されない。社長は労働者ではない。
栗の応援は橋本さんとニルマルさんです。佐藤さんは。

ジャガイモは、春分の日までに定植します。


社長


09.22
Sat
20180920201259c8c.jpeg

19日水曜日の午後は、アイアールの小磯さんが栗拾いのお手伝い。感謝。

金髪カットの今、「いつ、金髪に戻すんだ」の声もとても多いこの頃。
消費税も軽減税率を導入せずに、単一税率に戻せと言う声も多いです。
軽減税率は、低所得者の負担の軽減の名目で政策導入されました。

実際には、高所得者ほど軽減税率の恩恵をより大きく受けます。

2015年当時は、日本では公明党が唯一の軽減税率推進政党でした。
軽減税率が適用される飲食料品は、食品表示法に規定する食品です。
オロナミンCは食料品なので8%、リポビタンDは医薬部外品なので10%。

外食は10%、テイクアウトは8%。映画館での消費税率は複雑です。

売店の椅子テーブルで食べれば10%、映画を見ながらだと8%、
座席にメニューがあり館内に運んでもらうと10%です。
学校給食や老人ホームは、生活の場であり外食ではないので8%です。

昨日は金曜日、ナナヨーオートの佐藤さんは。


社長


09.21
Fri
20180920205527edf.jpeg

19日水曜日午前中の栗のお手伝い、いしかわ鍼灸院の石川さん。感謝。

軽減税率は菅官房長官と創価学会幹部の裏会合で選挙直前に決定した。
公明党との選挙協力には、軽減税率に合意する以外になしと自民党は判断。
多くの経済学者は、低所得者対策には給付方式が有効だと主張しています。

財務省は軽減税率による税収減を、経済界は事務処理の負担増を懸念。

大手紙の世論調査で、自民党と公明党は軽減税率制度の導入を決めた。
新聞へは軽減税率が適用されます。新聞社と政権の迎合です。
反面、政権が新聞に見返りを要求するのは当然です。

その事態を招いたのは、新聞社側です。

新聞はジャーナリズムよりも、給料を選んだと言えます。
政党の支持母体が発行の新聞も、消費税が上がれば客離れが必至。
石川さん小磯さんのお陰様で、栗の非常事態宣言は解除です。

昨日はAMGの佐藤さんが来社、今日も七洋商会の佐藤さんは来ないでしょう。


社長


back-to-top